2022.09.17.青南AC レッスン紹介

スポーツ振興事業

  • #青南AC

2022/09/22

こんにちは、InterSEAです。
本日は、U-12土曜日クラスレッスンの様子をお伝えします。
7月からゴールドッヂをメインに練習してきた今単元もいよいよ残り数回となってきました。

ゴールドッヂでは、リーグ戦形式のゲームも始まり、いよいよラストスパートの雰囲気が感じられるようになってきました。
そんなレッスンの様子をご紹介致します。


今日から、選抜テストを合格した年長さんも一緒にレッスンに参加します。
お兄さん、お姉さんを前に少し緊張している様子でしたが、みんなが優しく迎え入れます。


この日のウォーミングアップでは、股関節を柔らかくさせるストレッチなど様々な運動からレッスンがスタートしました。


続いては「障害物鬼ごっこ」です。
開始したばかりの時は、ハードルやコーン等の「障害物」を避けながら、ゲーム中に接触をしないように周囲を確認する目的で始めていたので、
鬼はドッヂビーを当てる、逃げ手は鬼に当てられないように逃げるという比較的シンプルなルールでした。


しかし、最近では鬼(オレンジビブス)に加えて、白ビブスも登場!
白ビブスは鬼(オレンジビブス)をタッチして鬼の数を減らすことが出来ます。


鬼は、ただ追う事から、逃げながら追うという、周りを見て考えながら動く力が求められるようになりました。
さらに、「この人を捕まえたとしても鬼がここにいるから・・・」と目の前のことだけではなく、その先に起きることを考える練習にもなっています。


ウォーミングアップでは、「障害物鬼ごっこ」のほかにも、
足をクロスさせるようにリングに足を入れる「スイッチ」や「ラダー」などサーキット形式の練習を行っていますが、みんな練習の成果もあり、とても上手になってきました。

サーキット練習の詳しい様子はこちらをご覧ください。

今では、2分間連続で行うことやその後リレーも白熱戦が繰り広げられています!


いよいよ「ゴールドッヂ」です。
低学年は体育館へ移り「パス練習」や「シュート練習」で動き方を練習し、練習の成果を発揮するためのゲームを行いました。


高学年は、リーダーを中心に校庭で戦術練習。
その後、3チームに分かれてリーグ戦を行いました。


どのチームも譲らない試合展開で、ゴールドッヂ単元スタートの当初に比べ、パスや動き出し等レベルの上がったゲームとなっていました。


白熱したゲームは、どのチームも譲らず全チームが1勝1敗となる大盛り上がりの内容となりました。

いよいよ今単元も残すところ約1週間となりました。
最後の1週間は、リーグ戦形式でのゲームをメインに行っていく予定です。
お楽しみに!