2022.09.14 本村ACレッスン紹介

スポーツ振興事業

  • #本村AC

2022/09/17

こんにちは、InterSEAです。
本日は、本村ACのレッスンの様子をお伝えします。

Aクラス体育館レッスン


まずは、U-6とU-12の2グループに分かれてのウォーミングアップ。
U-6は、マットの上を動物の動きを真似て進む「アニマルトレーニング」や、リングの色に応じて動きを変えるリングジャンプの練習です。


U-12では、ラダーや足をクロスするように着地する「スイッチ」、コーンを使い遠くへ飛ぶ練習を行います。
今日はさらに頭上にボールを持って、姿勢の大切さも学んでいますが、どうしても同じ姿勢が保てず、みんな苦労していました。


体育館でのレッスンでは、主にボールを使った練習を行っています。


この日のメインとなるバスケットボールにむけて、テニスボールでドリブルの練習をします。
左右それぞれの手でバウンドに合わせてキャッチをしたり、空中に投げたボールを取ったり、様々な内容を丁寧に行います。


続いて、テニスボールで練習した後は、実際にバスケットボールに持ち替えて動きながらのドリブルや


シュートの練習を行いました。
現在、得意不得意に関係なく、基礎となる部分を徹底して行いますので、初めてな人、苦手な人でも自分のペースを大切に教わることが出来ます。

Bクラス校庭レッスン


校庭に移り、体育館レッスンとは少し違った脳や神経に刺激を入れるウォーミングアップを行います。


体育館レッスンでも行った「スイッチ」に加え、コーンの間を左右交互にかわすように進む「スラローム」です。
こちらでは、ボールを胸の前に持ち「重心位置」を確認しながら行います。
ただの練習よりも、小さな工夫があることで子ども達の体に入る刺激は大きく変わります。


校庭レッスン最後は、ドッヂビー(柔らかいフリスビー)を使った種目のゴールドッヂを行っています。
この日の最後は、味方のパスに走りこんでからのシュート練習を行い、最後はコーチも参加してのゲームを行い、盛り上がるレッスンとなりました。

来週はどんな内容になるか楽しみですね。
気付けば成長していたというプログラムが盛り沢山ですので、どんどん成長できるように頑張りましょう!